topへ

植物工場について

植物工場には、閉鎖環境で太陽光を用いずに蛍光灯やLEDなどで栽培する「完全人工光型」と、温室等において、太陽光の利用を基本とし、人工光による補光や夏季の高温抑制技術等を用いて栽培する「太陽光併用利用型」(太陽光・人工光併用型を含む) の2種類があります。
ドクターベジタブルの植物工場はこの完全人工光型を使い、環境を完全にコントロールすることで、植物にとって理想的な環境を創り出し、低カリウム野菜を栽培しています。工場内は、害虫はもちろん、雑菌や細かな塵もシャットアウトしたクリーンな栽培環境を実現しています。そのため栽培期間中に農薬を必要としません。

独自の栽培システム

ドクターベジタブルは低カリウム野菜を栽培するために、栽培設備、機能などを自社開発。この低カリウム野菜を生産する独自システムをパッケージングにし、フランチャイズ展開を行っています。

ドクターベジタブルの工場について

低カリウム野菜の栽培技術

低カリウムレタスは、秋田県立大学が開発した技術を応用し、ドクターベジタブルが持っている大量生産技術の特許を使用して栽培しています。

衛生管理

高品質を実現するため食品工場と同レベルの衛生管理を徹底しています。
また、外部検査機関を使い定期的な指導を受けております。

工程管理

特許取得の量産技術を使い、安定して高品質な商品を生産出来るようにしています。

品質管理

外観(大きさ、色、形状)及びカリウム含有量測定を行い、品質維持に努めています。また、出荷時には金属探知機を通し、品質管理を徹底しています。

食品安全管理

  • カリウム値検査
  • 一般生菌数
  • 黄色ブドウ球菌
  • 大腸菌群
  • O-157

毎日の簡易検査に加えて、定期的に専門機関での検査を実施。安全で安心な製品を皆様へお届けできる体制を構築しています。